やっぱり忘れてしまうもの

136060

現在4人の子供がいます。

3番目を出産した時の話ですが、上2人は立ち会い出産ができない病院だったため、今回の出産は立ち会いのできる病院を…と選びました。

朝起きて長男のお弁当を作ろうと起き上がった瞬間の破水。はじめての破水だったためちょっと動揺しましたが、とりあえず病院に行かなければと主人や子供を起こし1人先に病院へ…。

破水をしたらすぐに生まれると思っていたのですが、そんなことはなく5時間ほど経ってからやっと軽い陣痛が始まりました。

こんなことならお弁当を作ってからくればよかった…部屋も片付けできたな。など考えていましたが「すぐに生まれるかもしないしわからないんだから」と主人。

その日は土曜日でしたが長男は学校を休めなかったため、主人.次男.義母がそばにいてくれました。

038710

そして、生理痛の酷い感じでまだ我慢できるくらいの陣痛が7.8分ほどの感覚できていましたが「陣痛ってこれくらいの痛さだったかな…これなら全然大丈夫。」などと気楽に考えていたところ、急に酷い陣痛が5分ないくらいの間隔でやってきました。こんなに陣痛って痛かったんだっけ?と3回目の出産にもかかわらず驚き、もう「いてて…」どころの痛さではありません。主人の手を陣痛が来るたびに強く握り痛さに耐えていました。そして、それと同時に子宮口も急に開いたため急いで分娩室への移動。

分娩室はカーテンを開けてすぐ隣りだったのですが、荷物を主人が持ち家族みんなでゾロゾロと移動。立ち会いするときは白衣を着させられ…と思っていたので「みんなも早く準備しないと生まれちゃうのに」と思っていたら、みんなそのまま移動しただけでそのまま出産。分娩台に上がってからほんの5分程で元気に赤ちゃんは出てきてくれました。

083

初の立ち会いは一人の時より安心感があり、みんなして感動。本当によかったと感じましたが、驚くほどの陣痛の痛さと気軽な感じの立ち会いにビックリしてしまいました。

でもやっぱり痛さは忘れてしまうもので、4人目もこんなに痛かったんだっけ?と思いながら出産しました。

忘れてしまうからこそ読むとそのときの状況が目に浮かぶような体験談は貴重!赤ちゃんの産まれた感動体験まとめはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です